2011年03月22日

これを想定の外と言うのなら、なにを想定の内と言うのか


原発がどれだけ優秀な人が考えた最先端の発電システムか知らないけど、それを造った人間の手におえなくなった今、「水を掛ける」 という小学生でも考えつくような、なんとも幼稚な方法でしか対処出来ない現状。

「想定外」 「千年に一度の危機」 と言うけれど、元々、この世界は人間の思いを超えた 「想定外」 ばかりではなかっただろうか?

「自然の脅威」 と言うけれど、人間にとっての脅威であって、自然にとっては瞬きに過ぎない。

これは、すべてをコントロールしていると思い上がった人間が招いた人災ではないか?

本当のことを言わない政府。

煽るマスコミ。

責任者は、さっさと逃げ出して安全なところで右往左往。

翻弄されるのはいつも 「普通の人」 だ。

posted by niy ★ at 01:40| BLOG ★ | 更新情報をチェックする