2011年07月22日

エリミネーター


一度乗ってみたいシリーズ : 「Kawasaki エリミネーター」


110722.jpg


その昔、日本にはカワサキの LTD、ヤマハの Special、ホンダの CM、スズキの GN・・・など、アメリカン・バイク(所謂ハーレー・タイプ)の系譜があった。

それらは基本的にヨーロピアンスタイルな日本車に、プルバックハンドルや肉厚のシートなどを取り付けた、ハーレーとは似ても似つかない奇怪なスタイルを与えられたオートバイ達だった。

しかし、それらはその独自のスタイルから、唯一無二の存在感を放ち、ある意味“ファクトリー・チョッパー”とも言えるオリジナリティと胡散臭さで独自の世界観を築き上げた。

・・・とは、言い過ぎでしょうか?

やがて時代は過ぎ、技術やニーズの変化に伴い、アメリカンはよりアメリカンらしく、いかにハーレーに似せるかを競うメーカー各社。

そんな中、独自の道を行くカワサキはロー&ロングなシャーシに、当時世界最速だったGPz900R(所謂Ninjaですな)の水冷パワーユニットを搭載するという暴挙に出る。

「のんびり、まったり」が定番のアメリカン業界に、いきなりドラッグレーサー路線で殴り込みをかけるその発想自体がアメリカーーーン!・・・というか、さすがカワサキさん。


この奇跡のコラボにカワサキの意地と本気(マジ!)を見た!


やはり北米マーケットで勝負するには、個性的であることが大切なんでしょうか。

日本では 750・400・250・125 とシリーズ展開されたけど、エリミといえば個人的にはこの 400SE のイメージが強いです。

漆黒の車体にビキニカウル装備で超ワイルド!

セールス的な問題からか、最終的にはシリーズ自体が尻すぼみになり、なんか中型排気量のV型エンジンの普通のアメリカンになってしまったのが残念ですが、カワサキさんには、いつの時代もこういった「攻め」の姿勢でオートバイを造って欲しいものです。


Kawasaki ZL400B ELIMINATOR400 Sports Edition (1988年発売)
水冷4サイクルDOHC4バルブ4気筒
排気量 398cc
最高出力 54ps/12,000rpm
最大出力 3.4kg-m/10,500rpm

posted by niy ★ at 22:11| BLOG ★ | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

Z750T


一度乗ってみたいシリーズ : 「Kawasaki Z750T」


110707.jpg


上は 1300cc から下は 200cc まで、カワサキ車であれば 「Z」 を名乗ったあの時代。

所謂 Z 系の外装にツインエンジンを搭載した、完全に Z バブルに乗っかって発売されたであろう珍車・・・否、逸品。

B 級超人のニオイがプンプンしやがるぜ。

個人的にはZのルックスにビッグツインなんて組み合わせは、


カレーにハンバーグがのっているくらいの大好物(慣用句)


・・・なんですが、セールス的には芳しくなかったそうです。

位置付けとしては W1 とか W3 の系譜を継ぐ新時代の 「W」 みたいな感じなんでしょうか。( DOHC ですが)

35 年経った今、改めてこのコンセプトを新型CB新型ボンネビルみたいな路線でやってみたら結構イケるかも知れませんね。

まずは W800 あたりのエンジンをゼファーの 750 にでも搭載して・・・って、もうゼファーも絶版か・・・。


Kawasaki Z750T (1976年発売)
空冷4サイクルDOHC2気筒
排気量 745cc
最高出力 55ps/7,000rpm
最大出力 6kg-m/3,000rpm

posted by niy ★ at 10:49| BLOG ★ | 更新情報をチェックする

2011年07月02日

WEB更新★


都合1年振りのWEB更新!

大阪のロックンロールバンド『HB』のサイトリニューアルに伴い、リンクを修正しました!

9月17日にはセカンドアルバムも発売されます!

試聴も出来るようですので皆さん是非聴いてみて下さい!


Rock'N'Roll Band HB Official Web Site
http://walkin-rockin.com/


posted by niy ★ at 22:06| BLOG ★ | 更新情報をチェックする