2016年07月06日

青春のほろ苦いのん



160706.gif



NYLON / あの娘のシルエット
https://www.youtube.com/watch?v=sknRW14y368



NYLONのラストライブでした。

長い間、おつかれさまでした。


長い歴史、様々な形態がありましたが、

誰が何と言おうと、僕にとってのNYLONは、

やはり最初の MEG / Shimano / Shiho / kaccy の4人です。
(厳密には2世代目ですが)

しばらく当時の秘蔵音源と秘蔵映像で呑み繋ごう・・・。


まだ揃いのスーツになる前、「Co., Ltd.」の時代、

はじめて観た時からシマノ先生は衝動的で衝撃的でした。

平日の木屋町EASTでも全開。

週末の祇園ウーピーズでも全開。

だだっ広い京都ミューズでも全開。

いつでもどこでも全開。

場所も時間も、客がいようがいまいが関係なかった。


それと同時に、僕はとても恥ずかしくなった。

いつの間にかロックを頭で理解して、斜に構えていた自分が嫌になった。

ハタチそこそこの彼女たちが、

グズグズ思い悩む男共の頭上を軽々と飛び越えていった。

悩んでいるのが阿呆らしくなるぐらい痛快だった。

とにかくやるだけ、とにかくブチかます。

それが答え。

その後、僕はなんやかんやで当時のバンドを解散した。

そして、THE BERETTAを作った。

つまり、人生の恩人だ。


なんだかわからないものを、

「なんだかわからないけど好き」 と直感で思えない人には、

いつまでたってもロックなんてわからないと思う。

理屈で理解するものじゃないから。

エルヴィスも、ビートルズも、ピストルズも、ボブ・マーリーも、

衝撃はいつも理解の外からやって来る。


諸行無常、会者定離のならいのごとく、

人の世は、現れては消えていくの繰り返し。

あの頃、元気だった人が今はこの世にいなかったり、

あの頃、この世にいなかった人が元気に走り回ってたり・・・。


結局、やるやつはやるし、やらないやつはやらない。

ただ、それだけ。

僕はやるやつの側にいたいと思う。

それだけ。


NYLON、ありがとう。

ありがとう、NYLON。



posted by niy ★ at 23:15| BLOG ★ | 更新情報をチェックする