2016年08月15日

LA青春



Michael Monroe / Not Fakin' It
https://www.youtube.com/watch?v=1y-CbHIX78E



今更ながら、手持ちのCDをフラッシュ・ディスク・ランチのCDソフトケースに入れ替える作業をしております。

話題になった時は、ピンと来なかったのですが、

いくらコンパクトなディスクでも、さすがに1000枚を超えると収納に困ります。

今も常時増加しているので、CDの保管場所は死活問題です。

売ったり、ダウンロードすればいい時代なのでしょうが、

やはり、思い立った時にすぐ聴きたいので現物が一番です。


ソフトケースは結構片付いて収納スペースが大幅に確保出来ます。

これは利点。

しかし、入れ替えた後のプラケースの残骸の嵩張ること・・・山の如し。

結局のところ、従来のプラケースとどちらが良いかと聞かれれば・・・、

場所さえ確保出来るのであれば、プラケースの方が断然便利です。

積んだり、落としたりしても耐久力ありますしね。

でも、問題は収納場所の確保なので、やはりこれ(ソフトケース)しか道はなさそうです。


入れ替え作業は、持っている盤の確認も兼ねていますが、

所有している盤は覚えているもので、意外や、ダブりはありませんでした。

好き過ぎて3枚も買った盤はありますが・・・。

そんな中で久しぶりに発掘したマイケル・モンローのソロ。

ん〜・・・LAメタル!


LAメタル、外タレ至上主義の『ミュージック・ライフ』も末期の時代ですね。

基本的にドールズやエアロの流れ+HR/HMというバンドが多かったように思いますが、

バブリーな時代の空気がそうさせたのか、はたまた本当にアホばっかだったのか、

中二男子の夢を具現化したかのようなルックスと、死ぬほど大味なサウンド、

現代で、あんなバカバカしいシーンが形成されることは二度とないでしょう。

結果、ガンズのモノホン感が際立ち、それ以外のパチモン感が半端なかったという・・・。

今思えば、ロックスターらしいロックスターが存在した最後の時代だったのかも知れません。

そのバブリーなお祭り騒ぎも、直後、ニルヴァーナの登場で完全に止めを刺されるのですが・・・。


アルバムタイトルの『Not Fakin' It』。

ナザレスのカバーらしいですが、ナザレスはよう知りません。

ハノイが好きなんです。

モトリー程大味でなく、シャープで哀愁漂う感じが・・・。

『白夜のトラジティ』はいつ聴いても切なカッコイイのです。

あゝ青春・・・。




Hanoi Rocks / Tragedy
https://www.youtube.com/watch?v=vE27FYLFKaw




posted by niy ★ at 22:44| BLOG ★ | 更新情報をチェックする