2017年04月02日

悪い冗談


 人類が増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた。地球の周りの巨大な人工都市は人類の第二の故郷となり、人々はそこで子を産み、育て、そして死んでいった。

 宇宙世紀0079、地球に最も遠い宇宙都市サイド3はジオン公国を名乗り、地球連邦政府に独立戦争を挑んできた。この一ヶ月あまりの戦いでジオン公国と連邦軍は総人口の半分を死に至らしめた。人々はみずからの行為に恐怖した・・・。


ドカーン・・・・フィフィフィ・・・

ドッドッドッドッ・・・ポンポポンポポーン!

もえあがれー もえあがれー もえあがれー がんだむー

きみよー(ウーアー) はしれー(ウーアー)

ポンポコポーン!

まだいかりにもーえるー とおしがあるーならー

きょだいなー てきをー うてよ うてよ うてよー

せいぎのー いかりをー ぶつけろー がんだーむ

きどうー せんしー がんだむ がんだむ

ポコポンポンポーン!




170402.jpg



「移民に仕事取られるから、移民を排斥しろ!」

という主張がありますが、

この先、時代が進んで、AI(歌手じゃない方)とかなんやかんや、

人間の仕事を助けるために開発されたロボットが、

やがて人間の仕事を奪う時代がやって来たとしたら、今度は、

「ロボットに仕事取られるから、ロボットを排斥しろ!」

とか言い出す人が出てくるのでしょうか。

テクノロジーが進歩して文句を言う人はいないけど、

その先にある未来を見定めるのも、今いる人間の大事な役目で、

案外、便利と面倒は裏表だと思う。

・・・ポコポンポンポーン!


Frenzy / Robot Riot
https://youtube.com/watch?v=EdF0EqNWGcg



posted by niy ★ at 11:57| BLOG ★ | 更新情報をチェックする