2017年03月15日

ハロージャガー



正義の味方ジャガー参上!!
https://www.youtube.com/watch?v=J1_0VPnrBMA


千葉のローカルスター・ジャガーさんも今や全国区の知名度らしいですね。


170315_01.jpg


その昔、宝島とかの広告でその存在自体は知っていましたが、

当然、今みたいにネット検索とかYoutubeもなかったし、

動くジャガーさんなんて簡単に観ることも出来ず、謎の存在でしたね。

雑誌にも広告は掲載されど、記事が載ることもなく、

・・・というか、完全に存在を無視されているような。
(雑誌社的には良いスポンサー)

当時でも前時代的かつ前衛的なルックスだったので、

本当に「地球に落ちて来た男」なのか、はたまた千葉に生息するUMAか、

まあ、なんというか大分こじらせた感じの人だな・・・という印象。

それが、この時代、全国区でお目にかかれるとは!


170315_02.jpg


・・・てか、なんか当時に比べてフェミニンな雰囲気になってません?

同じ動物(肉食獣)の芸名でも、

チーター(水前寺清子)、寅さん(渥美清)、レオナルド熊、大西ライオンなど様々いますが、ここまでくると凄いっす。

このブレのなさ、ギターウルフのセイジさんと同じぐらいカッコイイっす。


話変わって、

『1993年の女子プロレス』という本を読んだのですが、


170315_03.jpg


これが滅法おもしろかったので紹介します。

往年の女子プロレスラーへのインタビュー集なのですが、

筆者のファンタジー溢れるストーリーテラーっぷりも素晴らしく、

AKB(オワコン)じゃないですけど、

まさに「少女たちは傷つきながら、夢を見る」の世界っす。

中でも「ジャガー」繋がりで往年の名レスラー・ジャガー横田選手、


170315_04.jpg


ジャガー選手といえば、その風貌や佇まい、姐さん的存在感から、

勝手に「女子プロ界のジョーン・ジェット」と思ってますが、

尾崎感(not 紀世彦)ただよう長与千種選手の世界観より、

パンク的には、ジャガー横田選手だと思います。


170315_05.jpg


・・・て、なんの話や。


Joan Jett / I love Rock n`roll
https://www.youtube.com/watch?v=zRN2yeFL0gQ



posted by niy ★ at 23:35| BLOG ★ | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

狂暴剤


東海地方のみなさん、


https://www.youtube.com/watch?v=rsgF4uXE-aA


この完全にジッタリン・ジン調の曲(というか唱歌)・・・好きです。


JITTERIN'JINN / こいのぼり
https://www.youtube.com/watch?v=te0bEABP-Is


そういえばコロボックルズさんも活動休止中ですが、是非再開してほしいです。

ずっと聴いてます。

好きなんです。

お願いします。


コロボックルズ / チカリ
https://www.youtube.com/watch?v=Un60Vhyk3WA



気になる表現。

「ニューアルバムを “ ひっさげて ” 全国ツアー」

・・・の「 ひっさげて」。

新譜のプロモーション等で発せられる謎の慣用句。

言葉に勢いがあるのはわかるけど、

なぜ、みんな「ひっさげる」んでしょうか。


ニューアルバム出たら「ひっさげて」、

旅のお供に「ひっさげて」、

食前食後に「ひっさげて」、

ゴホンといえば「ひっさげて」、

くしゃみ3回「ひっさげて」、

ラッパのマークの「ひっさげて」、

やめられないとまらない「ひっさげて」、

スカッとさわやか「ひっさげて」、

お口の恋人「ひっさげて」、

さすが「ひっさげて」、100人乗ってもダイジョーブ!

・・・みたいな。

たまには小脇に「抱え」たり、

傍らに「携える」人がいてもいいんじゃないんでしょうか。


言葉は難しい。

立派な言葉、勇ましい言葉、非の打ち所のない正義。

時代によっても、それを発する立場によっても、

捉え方ひとつで言葉の意味が全く変わる。


人間なんて、元来いい加減なものなので、

何事にも「絶対」はないと思う。

今回のナントカ学園、

お題目は立派でも、それを唱えろと教育する側の人間が、

コンニャクか、ウイロウか知らないけど、

それに則って行動していないゲスだったというのが問題なわけで、

いくら立派なことを言ってても立ち振る舞いが伴わないのなら、

それは嘘だし、格好だけ。

心から信奉する思想なら、徹底して血肉にし、

まずは自分が率先して示すべき。

それを自分の都合で大きくしたり小さくしたりするのは、

結局は自分の欲を肯定する為の大義名分に過ぎないんじゃないでしょうか。


声高に美しい理想を語る。

危機を煽ってビビらす。

まったく嫌なやり方だ。

一部の人間の私利私欲のために殺されるのは嫌ダス。

うーん、狂暴剤。



170309.jpg


posted by niy ★ at 13:05| BLOG ★ | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

かばんの中


同居の無職男性(4才)と諏訪公園をブラブラしていると、どこからともなく歌声が聴こえてきた。

音のする方へ行ってみると、元ガルウイングスのンダさんが弾き語りをしていました。


170219.jpg


2年半前ぐらいにバンドで観て以来です。

午後の緩い日差しの中、いい感じの時間を過ごさせて頂きました。


ここ数年、外出する時はカバンを持つようになりました。

出掛けるための下準備というか、やることや心配することが増えたから。

以前は出掛けるまでのスピードが早かった。

ポケットに煙草と財布と携帯を突っ込むだけ。

移動手段もバイクしかなかったけど、今は選択肢が増えた。

小さい子供を見ていて思うのは、過去にこだわらない、未来を夢見ない、ただ今だけを生きているということ。

だから、今の自分に関わりのないことや関心のないことは、たとえ数分前の出来事であっても、きれいさっぱり忘れてしまう。

多分、自分の許容量を超える物事を、無駄に抱え込まない機能みたいなものをが働いているんだろう。

それに較べて、僕たち大人は過去に縛られ、未来を心配し、今が定まらない。

気が付けば時間だけが過ぎ去り、あっと言う間に終わりを迎える。

今は今しかないし、取り消しも出来ないし、取り返しもつかない。

だから、なんだという話でもないけど、カバンの中はいつもきれいにしておきたい。

毎日がお別れだ。

posted by niy ★ at 23:36| BLOG ★ | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

STAY FAKE



170211.gif



ROLLY著 / 『絶対!魅せる ROLLYのギター術 100のコツ』



一見、初心者向けの教則コラム本ですが、

これがとにかく素晴らしい内容で、

ギターの演奏技術だけではなく、

バンドマンの指南書のような内容です。


よく「本物のロックバンド」と言いますが、

ロックバンドは「偽物」だからこそロックバンドなんだと思います。


ローリーさんの、真面目に不真面目を追求する生き様に感服します。

本当に素晴らしい本です。



すかんち / さよならの贈りもの
https://www.youtube.com/watch?v=C5x91LsQ804


posted by niy ★ at 23:58| BLOG ★ | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

聖地巡礼2017★


170204.jpg


今年もやってきました。

毎年、参拝記念に小さなダルマさんを求めているのですが、

これが遂に16個になりまして、

つまり16年以上通っているということです。

何事にも不精な自分が続いている稀な行事であります。


さて、こんな更新のないブログで、なんやかんや言うてもアレなんですけど、

年末に「今年を振り返って」的なものも書きたかったのですが、

なかなか時間取れず、結局無理でした。

・・・まあ、改めてお知らせするようなことも特にないんですけどね。

ああいうのは季節ものですので、時機を逃すとアカンすね。


人間には皆平等に1日24時間与えられていますが、

今現在、僕が自分自身に使える時間というのは限られています。

そんな中で時間を分配したとき、

なるべく「聞く・読む・書く」というアナログなことに費やしております。

日本人男性の平均寿命から考えて、

僕の人生は折り返しを過ぎました。

自分の人生の残り時間を考えたとき、

逆算して、今やるべきことが沢山あります。

優先順位というやつです。


・・・とは言っても、

いまだに毎日腹の立つことばかりですし、

フラフラと心落ち着かない自分がいます。

元々、怒り・妬み・嫉み・焦り・恨み・・・という、

暗い要素を燃料にして生きてきた人間ですので、

言いたいことは沢山あるんです。


んでもって、

昨年1年を振り返って、なにより大きかったのが、

「一年間ライブをしなかったこと」

これは、この20年以上を通してはじめての事。

個人的にスタジオは数回入りましたけど、

この歳になっても、まだ色気がある方がおかしいんですかね。

ライブがしたいんじゃなくて、僕は「バンド」がやりたいんです。


まあ、また懲りずに覗いてやって下さい。

ありがとう。

・・・浜村淳です。

posted by niy ★ at 23:57| BLOG ★ | 更新情報をチェックする